前回、これから出産される方の産院選びの参考になればと思い、個人病院と総合病院での帝王切開の違いについてまとめたのですが、今回は外来での定期検診の違いをまとめて見ようと思います。←出産してからすでに半年経ってしまった。


改めて、私は一人目の出産が総合病院、二人目が個人病院での出産を選びました。
一人目が逆子だったため2回とも帝王切開です。


一生のうちに何度も経験するわけではない出産ですから、満足できる素敵な思い出になればいいなと思います。


【定期健診について】

総合病院→

予約制だったが1時間以上待つことがざら。(つわりの時は待つのが本当に辛い)時間は基本午前中のみ。
緊急でどうしても診てもらいたいとお願いすれば4時くらいまでなら診察してもらえる。←何かと調子が悪くなるのは夕方以降だったりする。
仕事をしていたので健診の日はお休みを取らなくてはなりませんでした。初めは月に1回の頻度だけど、そのうち2週に1回になってくるので調整が大変でした。
エコーがかなり古い機械のようで何を見ているのか私にはさっぱり、笑(時々バイトで大学病院からくる若い先生も困っていました)
ただ診察費用は激安で、ほとんど市から配布された受診券のみで済みました。
先生の方針は基本厳しい指導はなく、体重管理もうるさくありませんでした。

個人病院→

予約制。時々待つこともあったけどほとんど時間通りに診てもらえました。夜7時までやっていたので仕事の後に行けました。また土日も診察していたのでお腹の調子が悪く心配な時は助かりました。
エコーは毎回4Dエコー。だったのですが、私の場合最後まで顔が変な位置にあり見ることができませんでした。
4Dだから必ずお顔が見れるわけではないので注意です、笑
料金は自由診療分が加算されており、受診券プラス毎回3千円ほどかかりました。
血液検査などした日には1万円くらいかかる時も・・・。
病院案内などで出産費用について書いてあるところはたくさんあると思いますが、検診費用について書いてあるところはあまりないと思うので盲点でした。
でもここまでサービスが行き届いているならこのくらい払って当然なのかな?と思うほどスタッフや先生の対応は素晴らしかったです。総合病院と違ってゆっくり一人一人と向き合う診療で、心配なことを相談したり話しやすい雰囲気でした。こちらも先生の方針はゆるめで体重管理はうるさくありませんでした。
ただコントロールが悪く中毒症などになると総合病院送りになるかと思います。

【比較】

総合病院では料金が安いという以外はとくにメリットは感じませんでした。
小児科がある病院だったので、万が一胎児に何か問題があった場合や普通の妊娠ではなかった時などは対応が早いというメリットはあると思います。
私は初期の頃前置胎盤(一部分が入り口にかかっている程度)と言われており、このままだと普通の帝王切開ができないので総合病院に紹介状を書くといわれていました。幸い子宮が大きくなると同時に胎盤の位置も上に上がってきたため個人病院で出産することができました。
私のように何かトラブルがあった場合はその時点で大きな病院に変更せざるをえないこともあると思います。

個人的には定期検診については個人病院の方が断然良かったです。

それから「マタニティヨガ」をやってみたいと思っていたので、マタニティヨガを実施している病院を選びましたが切迫早産になってしまい一度も参加できませんでした。。。

以上ご参考になることがあれば幸いです!

次回は入院生活についてまとめてみようと思います。いつになるやら!?

[PR]
by coconarq | 2016-06-15 14:58 | マタニティライフ

妊娠がわかって一番初めにすることといえば「どこで産むか」決めることですよね。
しかしこれが難しい(´д`)


私も産院を選ぶにあたってかなり悩み、ネットでいろいろ検索し、妊娠ブログを書いていらっしゃる方のご意見を参考にしたりしました。


なので私も誰かの参考になればと思いまとめてみました(^ ^)


私の場合1人目→総合病院
2人目→個人病院


の出産を選択。
分娩は帝王切開です。


まずは帝王切開のオペの違いについて、総合病院と個人病院の違いをまとめてみました。
(あくまで私の経験談で全ての総合病院、個人病院が同じではありませんのでご参考に)


【オペに携わる医療者】
・総合病院→
執刀医、第一助手(産科医)、麻酔科医、直接介助ナース、外回りナース、赤ちゃん担当助産師、小児科医
計:7名

・個人病院→
執刀医、第一助手(ナース)、外回りナース、赤ちゃん担当助産師
計:4名

比較→
圧倒的に総合病院の方が専門スタッフの数が多いです。何があっても安心な万全体制。オペ室の設備も充実してました。


【麻酔】
・総合病院→
麻酔のプロ、麻酔科医が担当。下半身麻酔+全身麻酔。
腰からの麻酔の注射2本。
赤ちゃんがお腹から出た後すぐに全身麻酔で寝る。麻酔薬は「即効性があり切れもいい」が特徴のプロポフォールという薬を使用。
「眠りますねー」と点滴から薬を入れられるともう記憶がなく、時間がワープしたように突然目が覚める。すると「もうすぐ終わりますからね」と声をかけられあっという間でした。

・個人病院→
麻酔科医がいないので、執刀医が麻酔も担当。
腰からの麻酔をした後オペに入り、オペ中何かあれば指示を出してナースが対応する。
基本的には下半身麻酔のみで行い、赤ちゃんが出た後もオペが終わるまで起きていることになっていました。

私の場合、赤ちゃんが出た後子宮の処置をするのがめちゃくちゃ辛かった!
麻酔が効いているので痛みは感じないのですが、触られてる感覚や引っ張られる感覚はわかります。それが痛気持ち悪い( ꒪Д꒪)
途中まで頑張ったけど限界を迎えたころ「寝ることもできますよ?」と言われ「寝ます!」と即答。
我慢しないではじめから寝かせてもらえばよかった(;ω;)

麻酔の薬は「副作用が少なくゆるやかに効く」ケタラールという薬でした。
「点滴入りますねー」と言われてからしばらく目はぱっちり。いつ寝るのかな?と思ってたらいつの間にか夢の中に。
自分が溶けてなくなり渦巻きみたいな中に飲み込まれている夢を見ていました(-ω-;)
なぜか「私は死んだんだなぁ」と思いすごく怖かったです(;д;)

途中から音が聞こえるようになり徐々に意識が戻ってきて「そーいえばオペ中だった」と気づいて目が覚めました。

比較→
個人病院では術中ナースが麻酔の対応するため使える薬が限られてしまいます。なので総合病院での麻酔の方が苦痛が少なくスムーズでした。

【オペ時間】
・総合病院→
スタッフが多い分スムーズで早い。

・個人病院→
総合病院に比べると時間がかかっていたように思います。


【緊急時の対応】
・総合病院→
よっぽどのことがない限り対応可能。

・個人病院→
赤ちゃんの状態が悪かったり、お母さんの出血が止まらないなど何かトラブルがあった場合、救急車で大きな病院に搬送される。

私の場合は何事もなく無事終わったので大丈夫でした。

【全体を通してどちらがよかったか?】

帝王切開に関して言えばやはり総合病院でのオペの方が安心感があり、苦痛も少なかったです。
でも個人病院でのオペも問題なく無事に終わりました☆


次は産後の入院生活についてまとめてみようと思います。
→続く


[PR]
by coconarq | 2015-12-16 16:47 | マタニティライフ

産まれました☆

36週2日。


NST検査で張りが頻繁にあり強くなってきていると言われました。
そしてなんかおしりのあたりに圧迫感を感じるように(-ω-;)
大きい方がしたいような変な感じです。。


助産師さんに話したら慌てて外来中の先生のところに報告しに行き薬の量が増やされました。



でも張りが収まらず診察してもらうことに。



子宮口はあれから開いてないようだけど、逆に張りが強いのに開かないというのは子宮にかかる圧が高くなり破裂の危険が高いとのこと。。(´д`)←前回帝王切開しているので切開した場所が弱くなっておりそこから破裂する恐れがある。



先生しばらくうーーーーーんって悩んで



「今日出しちゃいましょう!」と。



前回に引き続きまたも緊急帝王切開( ;∀;)


ご飯食べちゃったから夜8時近くからのオペになりそこからバタバタと準備が始まりました。


といっても私は何もすることがなく、親と夫に電話して着替えして、お毛けを剃られて終了。
空腹を我慢するだけです。


時間になりオペ室へ。


はじめに腰から麻酔の注射をするのですが、これが痛い(;д;)
そして入りづらいみたいで何度もぷすぷすと刺されこの段階でかなり白眼に( ꒪Д꒪)


ようやく入っていざオペ開始。


前回の病院は夫立会い不可だったけど、今回は大丈夫なところだったので立ち会ってもらいました。
2回目なのに思った以上に緊張して(注射痛かったのもあり)心電図のモニター音が異常を知らせるアラームでピコンピコン鳴りっぱなし、笑


でも夫に手を握ってもらってたわいもない「娘のパジャマが足りないんだけど」とか「保育園の布団袋ってどこにあるっけ?」とか話してるうちにかなり落ち着きました。


なんとか気を紛らわしてるうちに
「赤ちゃんでますよー!」と言われ
お腹をぎゅおーーーーっと押されて悶絶したら


オギャァ!と鳴き声が!!!


生まれましたーーーー(;д;)


思ってたより小さかったけど、ちゃんと自分で呼吸して泣いてました。


b0335371_16172989.jpeg

2822g、49㎝の元気な男の子です。


とにかく無事に出てきてくれたことが本当に嬉しくて涙がこぼれました。


生まれてきてくれてありがとう♡
今まで頑張ったね^_^


こうして長かった妊婦生活が幕を閉じました。


→オペの記録については次回にまとめてみようと思います。
続く。


[PR]
by coconarq | 2015-12-14 13:32 | マタニティライフ

36週を無事に越えましたヽ(・∀・)ノ


ゴールは正規産に入る37週だけど、36週を過ぎれば万が一のことがあっても大丈夫と言われていたので、ここを1つの目安としてました。


とりあえずほっ。。


そして今日診察がありました。


頸管は短いままだし頭も下がっているようです。そして子宮口も3センチくらい開いているとのこと(꒪д꒪|||)


でも赤ちゃんはすくすく育っていて推定体重2900gで元気に動いてました!
(娘は38週過ぎで2800gだったのでかなりでかい!)


子宮収縮抑制剤を追加されることもなくこのまま様子見となりました。37週に入ったその日に帝王切開をする予定です。


あと1週間お腹にいてねー(´ω`;)
頼みます。


入院生活は6日目になりましたが、すでに飽き飽き(-"-;) 家に帰りたい。。


ずーっと同じ向きの横向きで体があちこち痛いし、テレビ見るか携帯いじるか本読むかしかすることがない。。
1日が長いです。


救いは院内でWiFiが使えること!なかったらもう携帯死んでたわ。。


暇だから年賀状書こうと思ったけど薬のせいで手が震えて不可能( ;∀;)その前に坐位が無理だった。。


と、あんまり愚痴ったら仕事しながら娘の面倒を見てくれているパパや両親に悪いのでここだけにしておきます、笑


お前寝てるだけやんけー!ヽ(`皿´)ノと言われそうなので、笑


娘はとりあえず元気ですが、やっぱり寂しいのか時々情緒不安定な感じらしいです。(よって夫はかなり育児疲れな様子(-ω-;)すまん)


ほぼ毎日お見舞いに来てくれますが、ここ最近急におしゃべりが上手になりびっくりします!


助詞を上手に使ってちゃんと文章で話しています☆☆.。.:*・゚*:.。.☆☆.。.:*・゚*:


「誰々に何々したよ!」とか「あれとこれがどーした」みたいな。単語もすごくふえてるし。


それからおうちでも出したおもちゃをちゃんとしまってから次のおもちゃを出したり、箸使いが上手になったり、トイレでウンチできたりと成長著しいらしいです。


見逃してるー( ;∀;)!!
それともママがいなくなって成長したのかな?


家族みんな頑張ってます。


わたしも安静頑張ります。



[PR]
by coconarq | 2015-12-10 17:56 | マタニティライフ

ご無沙汰してますm(._.)mレモンです。


気づけば前回のブログ更新から2ヶ月も経っていました!サボりすぎっ!


お腹のベビーはすっかり大きくなり現在35週に入りました。
推定体重2700gとけっこうなビッグベビーぶりで元気に育っています。


ブログ更新していなかった間にも、妊娠経過や娘の成長記録、写真のことなど書きたいことはたくさんあったのですが、なんていうか体が重くてパソコンに向かう気力がなく・・・(´・ω・`;)


仕事して娘の育児をして体を大事にするという日常でいっぱいいっぱいでした!
マタニティライフを楽しむという感覚より、とにかく無事に過ごせればいいという毎日(´ω`;)


そして今このタイミングでブログを書いているのは、切迫早産で入院することになり暇になったからです(。-∀-。)


さかのぼる事数日前。


検診で貧血を指摘され鉄剤を飲むように言われたのですが、以前鉄剤で吐き気や便秘の副作用が出たことがあり飲みたくない旨を医師に話すと「では注射にしましょう」ということになりました。


注射の方が副作用が少ないとのことで安心して打ってもらったのですが。。


家に帰ってからつわり以上の嘔吐の繰り返しでトイレから出られない状態に。
なにも食べてないのに30分おきくらいにトイレでオェー( ꒪Д꒪)


これを1日繰り返しようやく落ち着いたものの、なにも食べれず起き上がることも困難な状態に。。



2日後ようやくおかゆを食べられるまで回復したところで今度はお腹の張りと出血が。。
受診したところ「切迫早産」とのことでそのまま入院になりました(´・ω・`;)


おそらく吐き続けて腹圧かかったのがよくなかったのかなと。
それにしてもあの薬恐ろしすぎる。。副作用ってかアレルギー反応????
もう貧血は仕方ないのでこのままオペに挑むことになりました。(帝王切開の予定です)
サプリでもいいからなんか摂ってねと、笑


というわけで現在は張り止めの24時間点滴とベット上安静の生活です。


入院生活の1番の楽しみであるご飯をがっつり食べられないのが悔やまれます(;ω;)
すごい美味しいのに!まだ胃が本調子じゃなくて食欲がないのです。


妊娠後12キロ太ったけど、今回で3キロ痩せました(-"-;) 少し挽回だな。。



気がかりはやはり娘のことですが、夫と私の両親が協力して面倒を見てくれています。
昨日は初めての一人でじじばば宅お泊まりを経験しましたが、泣くことなくご飯いっぱい食べて楽しく過ごしたようです(。-∀-。)
結構さっぱりしてるんだよね。。こっちが寂しくなるわ(;д;)


でも寝るときだけは「ママねー痛い痛いしたの!ここちっくんしたの(点滴のこと)」と何度もジジに言ったそうです。
ママがいないことを自分なりに理解しようとしてるのかな?
一緒にいてあげられなくてごめんよ(;д;)



弟が生まれるってだけで不安になるだろうに、いきなりママがいなくなってどんなに不安か、想像すると切なくなります。。



退院したらまずは娘といっぱい遊んであげようと思います!



あと2週間の辛抱なのでそれまでお腹にいてもらえるよう安静頑張ります!!

[PR]
by coconarq | 2015-12-06 18:39 | マタニティライフ

新レモン家

b0335371_10375489.jpg
手足口病に家族全員やられてからようやくレモン家復活してきました(´ω`;)

中でも私は一番重症で、痛みが引いてからは湿疹部分の皮剥けに苦しめられ、現在は爪が死亡して剥がれかかっています。。
以外としつこく爪痕を残している手足口病。。
やはり恐ろしや。

でも元気になりました(●´ω`●)


ところで、我が家に新しい家族が仲間入りすることなりました。

現在妊娠23週に入りました(๑◕ˇڡˇ◕๑)

今のところ順調に育ってくれています。
性別は男の子でした!
本当に性別はどっちでもいいなぁと思っていたのですが、いざ男の子と聞くとなんだかウキウキしている自分がいます、笑

心のどこかで男の子を育ててみたい願望があったのかな?
どちらにせよ元気に生まれてきてくれることだけを今は願っています!

実は娘の時にはなかなか授かることができず不妊クリニックに通っていたこともあり、今回も長期戦を覚悟していた矢先の妊娠発覚でした。

期待もしてなかったのでつわりが来るまで全く気付かず(。-∀-。)
断乳してすぐだったのもあり、あれも不純なんだなぁくらいにしか考えてなかったのです。
といっても5週でつわっていたのですぐわかったのですが。

今回もつわりには苦しめられ、5週から16週くらいまでありました(-"-;)
立ちっぱなしの接客業なので本当に辛かった_l ̄l●lll 
夫にも3人目はつわりに耐えられないのでもう無理!と言いました、笑

我が家は4人家族でやっていこうとおもいます!

これからも妊娠経過についてブログに書いていこうと思いますのでお付き合いいただければ幸いです。

つわりの間はカメラほんとんど触れず、最近ようやく撮れるようになってきたので写真もまたアップしていく予定です。

今後ともよろしくお願いいたします٩(๑❛ᴗ❛๑)۶


[PR]
by coconarq | 2015-09-09 09:32 | マタニティライフ