子育てコーチング講習会

b0335371_17132252.jpg



昨日は「女の子の育て方」という子育てコーチングの講習会に行ってきました。


子育てに正解やマニュアルはないのかもしれませんが、絶対やった方がいいこと、絶対やってはダメなこはあると思います٩꒰๑❛▿❛ ॢ̩꒱


親の関わり方次第で子供の未来を変えてしまうこともあるので、それを知らなかった!では後の祭り。。(;´・ω・)


娘が幸せな人生を送ることができるように私も頑張らねば(●´ω`●)という気持ちで参加してきました。


講習会の流れは

乳児期、幼児期、学童前期、後期での関わり方の違いをざっくりレクチャーしてもらい、


それからコミュニケーションの取り方で人を4タイプに分け、タイプ別に関わり方が違うというお話を聞きました。


実際にチャートを使用してまずは自分がどのタイプなのかを判定しました。
(大まかに言うと自己主張が強いか弱いか、感情表出をするかしないかで4タイプに分けます。)


そして同じタイプになった人同士でグループになり、「どんな風に褒められたら嬉しいか」「どんな風に叱られたらいいか」「やりたくない仕事を頼まれた時どんな風にお願いされたら引き受けるか」などを話し合い発表する。

という感じでした。

特に最後のグループワークがめっちゃ面白かった!


タイプによって回答がまるで違うのです(。・д´・。)


たとえば、私は自己主張が弱く感情表出はする(Cグループ)というタイプに当てはまったのですが、うちのグループではどんな風に褒められると嬉しいかという質問には

・人前で褒められるよりこっそり褒められたい
・何度も褒められるより一回でいい
・がんばっていることや人柄について褒められると嬉しい

などの意見がでたのですが、

対極のグループ(自己主張強い、感情表出はしない)(Aグループ)では

・できて当たり前。だから褒められるならさらに上のことを褒めて欲しい
・技術、知識など自分にしかできない、自分が特別だということを褒めて欲しい。
という意見が。

また別のグループ(自己主張強い、感情表出する)(Bグループ)では

・褒められるならなんでも嬉しい。
・何回でも褒めて欲しい!
・人前でも気にしない!
・すごいー!素敵ー!かっこいい!とか簡単な言葉が一番嬉しい。

と、いう感じでぜーんぜんみんな違うのです!!

これには目からウロコでした。


今まで自分が言われたら嬉しい言葉を人にかけるようにしていましたが、自分と別のタイプの人にそんなこと言っても全く響いてなかったってことです(;゚Д゚;)


ほんと、発表するたびにこんなにも違うのかとみんなびっくりしてました。


自分の子供が自分と同じタイプとは限らないので、自分に置き換えて考えても意味ないんですね( ̄Д ̄;)



まだまだ娘がどんな性格なのかわかりませんが、このことがわかっただけでもすごく学びになりましたー!


ちなみに仕事の頼まれ方では
Aグループ
・あたなにしかできないからやって欲しい
・やるなら全権を任せて欲しい
・横から口出ししないで欲しい
・指示を出すので従って欲しい

Cグループ
・誰もやってくれないからお願い!
・やってくれたら助かるよ〜
・責任の重い仕事はしたくないのでできればサブ的ポジション希望。
・さらに自分のサポートをしてくれる人も欲しい

と正反対、笑


自分の娘がAタイプなら私がして欲しいこととは正反対の関わりをしないといけないんですね(。•ˇ‸ˇ•。)


奥深い!!


先生は、2時間では話したいことの半分も話せなかった!とおっしゃっていました。まだまだ話を聞きたいのでまた参加してみたいと思いました (∗❛ั∀❛ั∗)✧*。

子育てコーチング、子育てだけではなく職場でも役に立ちそう♬
[PR]
by coconarq | 2014-11-25 14:42